シミ(色素沈着)を作ってしまう3つの悪い習慣

シミ(色素沈着)を作ってしまう3つの悪い習慣

習慣を直すことで黒ずみやシミを防ぐ!

黒ずみができてしまう原因はいろいろありますが、主に代表的な原因を5つにまとめました。
もしかしたらあなたにもいくつか当てはまることがあるかも?

 

3つの悪い習慣って?

■陽ざしを毎日長く浴びてしまう■

30代、40代と年齢を重ねていくと目立ち始めるシミ…
このシミはいままで浴びてきた紫外線のダメージの蓄積量がそのまま肌に現れているんです。

 

毎日紫外線を浴び続けるとメラノサイトという細胞が、メラニン”という色素を作ります。
この色素があの茶色いシミを作りだしてしまっています。

 

表皮(皮膚の表面)だけじゃなく、真皮(皮膚の内側)までダメージを受けると最悪治らなくなることもあるので、若いうちからのケアが重要です!

 

■ムダ毛処理や衣服による摩擦■

意外とおろそかにしがちなのが、肌への直接的な刺激

 

実は、紫外線だけじゃなくて摩擦による刺激でもメラニンは生成されてしまうんです。
摩擦黒皮症といって

 

・きつい下着を着る
・靴擦れ
・かゆみなどで肌を引っ掻く
・身体を強く洗いすぎる
・タオルで強く拭く
・ムダ毛の処理

 

こういった肌への摩擦を毎日続けてしまうことで、メラニンがどんどん作られてしまいます。
なるべく衣服は余裕のあるゆったりめのものを選んだり、シミ・色素沈着の予防クリームを塗るなどの対策が必要です。

 

■ケーキやチョコレートなどの糖分、糖質の摂りすぎ■

ケーキやチョコレートは美味しくてつい食べ過ぎることもあるんですがこの糖分があなたの身体を糖化させてしまいます。

 

食べて(飲んで)吸収した糖と体内のタンパク質が合体して糖化生成物”というのが生まれ、老化が早くなってしまいます。
ホットケーキを焼いたりすると茶色くなりますが、まさにこの現象のことです。

 

こうなると

 

・肌が全体的に硬くなる
・透明感のない黄ばんだ肌になる
・全体的に顔が暗くなっていく

 

対策としては糖質(糖分)をなるべく摂らないことですが、血糖値を急激に上げない食事を意識しましょう!
食事のときは

 

汁物 ⇒ 野菜 ⇒ 肉 ⇒ お米やパン

 

と血糖値を緩やかにするなど工夫が大事です。

 

「わざわざ日傘を差したり、何度もお肌のケアをするなんて面倒…」
「美味しいスイーツを見つけるとつい衝動買いしちゃう…」
「剛毛でどうしてもムダ毛の処理は欠かせない!」

 

いろいろと面倒なことや、誘惑に負けてしまってついいい加減になってしまうかもしれません。

 

でも、こういう日ごろからの予防を続けることで、この先の肌の状態が180度変わってしまうことは十分あり得ます。

 

でも、習慣を変える運命を変えることにもつながります。
たったひとつでも、なにかしら習慣を見直すことで肌に嬉しいことが起きるかもしれませんよ!