便秘とニキビに関係あり!その対策方法は?

便秘とニキビに関係あり!その対策方法は?

便秘はニキビを発生させる原因!

便秘とニキビには関係性があります!

 

慢性的に便秘になれば腸内にはほとんど常に便が溜まった状態になります。

 

すると、消化しているのに腸内にずっととどまるので、そこで悪玉菌が増え続けて身体に悪い物質がたくさんが生まれます。

 

便はそもそも老廃物で、どんどん腐敗が進んでいきます

 

腸内環境は悪くなるばかり…

 

これが腸壁から吸収、血液に乗って身体全体に巡れば身体全体、もちろん肌にも悪影響が出る可能性があります。

 

そこから肌のターンオーバーの乱れが起きて古い角質が残ったままになったり毛穴詰まりでニキビができやすくなります。
こういった有害物質は排泄器官でもある皮膚からにじみでてきて、肌荒れしやすくなることも…

 

・肌に必要な栄養が不足してターンオーバーが乱れる
・古い角質が残ってしまい毛穴を詰まらせる
・肌のバリア機能が低下して抵抗力が落ちる

 

また、せっかく腸は栄養の受け口なのに、そこに便が残っていたら栄養の吸収も邪魔されて吸収しづらい環境になってしまいます。

 

もちろん、肌だけじゃなく身体の免疫力の低下につながるからニキビだけじゃなく、肌荒れや風邪、ガンなどほかの心配も出てきます!

 

腸内はスッキリと、1日1回のお通じは大事ですよ!

 

便秘対策『腸活』を始めよう!

2015年の9月に『金スマ』で放送された『腸活』は、腸のカリスマ小林弘幸先生が監修をした5つからなる方法のこと。

 

@.腸を刺激する腰回しエクササイズ
文字通り、腸のある部分を揉みながら腰を回していく運動です。
今からでも試せるくらい簡単な方法で、実践してから数分でトイレに駆け込む人が出るほど効果的な運動のようです!

 

【金スマで紹介された腸刺激エクササイズを解説】

 

A.便座でエクササイズ
これも文字通りトイレの便座で行うエクササイズです。

 

1.便座の上に浅く座って、右手の指で左の足首を触る
2.次は、左手の指で右の足首を触る
3.あとはこれを繰り返す

 

やることはシンプルですが、大腸をねじる運動になるので肛門括約筋が動きます。
最初の腰回しエクササイズとうまく組み合わせていくと良いかと思います。

 

B.朝に水を1杯飲む
朝起きたときに冷水を飲むと大脳排便反射が刺激されて便意が起こるようになります。
たくさん飲めば飲むほど良いわけじゃないので、コップ1杯を目安に飲むのが良いです。

 

C大根おろしヨーグルト
腸に良いとされるビフィズス菌はもうご存知かと思いますが、この菌のエサになる大根とハチミツがあると効果が倍増するそうです!
ヨーグルトが200gだとしたら、大根おろしとハチミツはどちらも大さじ2杯くらいになります。

 

D.オリーブオイル
最後の腸活は、オリーブオイルを飲むことです。
オリーブオイルに含まれるオレイン酸が便秘解消に効果的で、善玉コレステロールを増やしたり、腸内デトックスに適しています!

 

1日に大さじ2杯が目安で、それ以上に飲みすぎたり、あまり少なすぎても良くないそうです。

まずは1つずつ実行!

いきなり5個すべて実践するのは難しいかと思います。
なので、まずは1個ずつ習慣づけることをオススメします!

 

とくに、@とAはとくになにか準備することなくすぐにでもできることなので、これだけでも続けてみると良いと思います。

 

ちなみに、先ほど紹介した小林弘幸先生という方は便秘のスペシャリスト!
診断を受けるために3年待ちや5年待ちになることもあるくらいらしいです。

 

すごいですね…(^^;)