ニキビを作ってしまう意外な5つの原因!

ニキビを作ってしまう意外な5つの原因!

気づかないうちに自分でニキビを製造している?

・食生活の改善
・睡眠時間の改善
・運動する習慣
・正しいスキンケア

 

これだけ気を付けているのにまったくニキビが治らない…
それ以上に悪化してしまう…

 

そういう場合、もしかしたら生活の中で無意識のうちにしているクセや続けている習慣の中に、ニキビを作る原因になっているものがあるかもしれません。

 

そういったニキビを作る原因でとくに可能性が高いものを5つにまとめました!

 

ニキビを作ってしまう5つの原因

原因@.顔を触っている

手で口元を隠したり、鼻を触ったり、唇に触れたり…
実は、手は身体の中でもとくに汚い部分だと言われています。

 

・電車の手すりやつり革
・ドアノブ
・パソコンのキーボード
・トイレの蛇口

 

ほかにも、トイレよりも汚いと言われているスマホをいじった手で顔を触れば当然ばい菌や汚れが付きます。

 

原因A.便秘によるニキビ

意外なことに、ニキビと便秘は関係があります!

 

実際、便秘になってからニキビに悩むようになった方もいますし、便秘がニキビになるのにはきちんとした理由があります。

 

>>便秘とニキビに関係あり!その対策方法は?

 

便秘を解消すればニキビが絶対に治るというわけではありませんが、健康の面も考えると便秘は改善するべき問題です。

 

原因B.枕や布団のシーツが汚れている

毎日人は汗や皮脂を排出しますし、フケやアカも蓄積してきて、そこに雑菌やカビ、ダニも増えていきます。
寝具は思っているよりも不衛生

 

面倒なのでついつい先送りにしたり、ズルズルと1カ月も交換しなかった…という方もいるんじゃないでしょうか。
ニキビはもちろん、肌荒れの原因にもなるので週に1回は交換はしたほうが良いです。

 

原因C.シャンプーやボディソープの洗い残し

最近はシャワーだけで済ます方も多いくらい、お風呂にかける時間が少なくなってきています。
その分、すすぐのも雑になっている人もいるそうです。

 

でも、十分なすすぎをしておかないと、ただでさえ洗浄力・刺激の強いシャンプーやボディソープが残ってしまい肌荒れやニキビの原因になることがあります。

 

原因D.過度な洗顔

良かれと思って、毎日何度も洗顔をする方は注意してください!
必要な皮脂(皮脂膜を作るのに必要)まで落としますし、乾燥するとターンオーバーが乱れてニキビだけじゃなく肌荒れする原因にもなります。

 

硬くなった皮膚に皮脂が詰まりやすくなったり、バリア機能である皮脂膜も十分に作れずニキビを作ってしまうことに…

 

そういう場合、洗顔料を使わずに38〜40度くらいのぬるま湯でも汚れの7〜8割程度は落ちるので、お湯洗顔を試してみると良いかもしれません。

 

今日からほとんどお金もかけずすぐにできます!

上のほとんどは今日からでもすぐにできます。

 

「また今度やろう…」
「いまは忙しいし…」
「面倒くさいなぁ…」

 

って感じるのもあるかもしれませんが、上の項目のほとんどが簡単に実践できるものですし、こんなことでニキビが治れば嬉しいですよね♪

 

新しくなにか買ったりするわけでもないし、洗濯代とかかかる程度です。

 

まずは1個ずつ実践してみましょう!