ニキビ予防&できたときの洗顔方法!洗い方やそのタイミングは?

ニキビ予防&できたときの洗顔方法!洗い方やそのタイミングは?

 

「ニキビを治す薬や化粧品で
      なにかオススメってありませんか!?」

 

と聞く方は多いんですが、そればかりに気をとられてほかの部分がいい加減になっていることがあります。
とくに、洗顔はその傾向があります!

 

・洗顔時にゴシゴシ顔をこすって洗う
・水を拭きとるときはタオルで顔をゴシゴシ拭く
・手も洗わずにいきなり洗顔する
・冷水で洗顔する
・時間をかけずにササッと洗ってしまう
・すすぎを十分にしていない

 

あなたにはこの中に当てはまることがありますか?
もしかしたら、それでニキビに刺激を与えたりかえって汚れをつけて悪化させている可能性があります!

 

ニキビ対策のために効果のある洗顔料を選ぶことはもちろん大事です。
でも、その洗顔料の力をフルに発揮するためにも洗顔方法を見直すことも大切です!

 

ここでは、その洗顔方法の注意ポイントと流れについて触れていきますので、良かったら参考にどうぞ。

 

【泡洗顔の方法】

 

洗顔するときのポイント!

洗顔するときに大事なポイントは以下の3つです。

 

・顔(ニキビ)に刺激を与えない
前もって汚れを落としておく
・何度も洗いすぎない

 

@.顔の前に手を洗う

手には脂や雑菌が多く付いています!
これでいきなり顔を洗うと雑菌が顔に移る可能性がありますし、脂のせいで泡立ちも半減します。

 

A.予洗いをしてある程度汚れを落とす

手も洗ったし洗顔!
…っていきたいところですが、顔についている皮脂汚れやホコリなどの汚れを、ぬるま湯である程度落としておきましょう。
あとで使う洗顔料の泡立ちをよくする&効果を発揮させるためには大事なことです。

 

B.ニキビになるべく触らないように洗う

洗顔料をよく泡立てて、直接手で触らないように洗います。
イメージとしては、たくさん作った泡を顔の上で転がすように洗う感じです。
手でゴシゴシ洗うとニキビを傷つけたり、炎症させる原因になります。

 

ちなみにお湯の温度はぬるま湯(37度〜40度ほど)がベターです。

C.すすぎは十分に!

適当に何度かすすぐだけだと洗顔料が肌に残ってしまい、それがニキビを悪化させる原因になります。
バケツにお湯をためて、20回前後くらいはしっかりとすすぎをしましょう!

 

D.タオルはこすらずに当てる”

最後にタオルで顔をゴシゴシ拭くかもしれませんが、これもニキビに刺激を与えて炎症させるなど、悪化の原因です。
こするというよりは、当てるようにしてポンポンと水気を丁寧にとっていく形が良いです。

 

※お化粧をしているときはAの前にクレンジングをしておきます

 

たかが洗顔って思う方もいるかもしれません。
でも、たとえ優秀な洗顔料や化粧品を使っても、その方法がいい加減だと効果が得られなかったり、かえって悪化する可能性もあります!

 

これを機に、一度洗顔方法を見直してみてはいかがでしょうか!