ターンオーバーの乱れは睡眠の質と自律神経にあり!

ターンオーバーの乱れは睡眠の質と自律神経にあり!

睡眠のリズムが崩れると…?

あなたは睡眠時間を削ったり、いつも違う時間に寝起きしていることが多くありませんか?

 

そうすると、朝起きたときなどにいろんな肌トラブルを感じたことがあるんじゃないかと思います。

 

「なんだかメイクのノリが悪く感じる…」
「なんか肌にポツポツが…」
「ほほにあるこれって…シミ?」
「なんだか顔が黒くくすんで見える…」
「うわ…おでこにニキビができてる!」

 

人は寝ている間に肌の再生と回復をしているので、もしも睡眠時間が少ないと肌の回復が上手くできなくなってしまうんです。

 

十分に睡眠できないとホルモンバランスが崩れて、血液の流れが悪くなったり皮脂の分泌バランスも崩れてしまいます。
そうなると、肌の修復が追いつかなくなって肌荒れを起こす一方。

 

睡眠は、食事と同じくらいあなたの肌を作るために大事な時間なんです。

 

もしもあなたが最近あんまり寝れてない、寝れなくなったっていう場合はぜひ睡眠の質をアップさせてより良い美肌作りを目指してみてください!

 

睡眠は量より質!

睡眠の質アップといっても「じゃあ睡眠時間を増やせばいいの?」っていうわけではないんです。

 

まず、人は睡眠しているときに2種類の睡眠を繰り返してしています。

 

■レム睡眠…眼球が動いている状態で浅い眠り。脳が活発で休めていない。
■ノンレム睡眠…眼球が動いていなくて深く眠っている。脳の休息時間。

 

眠り始めは深い眠りのノンレム睡眠、そのあとじょじょに脳が覚醒してレム睡眠、またノンレム睡眠に…というサイクルを、だいたい90分単位で繰り返します。

 

朝方にかけて間隔が最終的に20分単位ほどに短くなって、レム睡眠のときに目を覚ますことになります。

 

ただ、なかなか寝付けなかったり睡眠不足になる人は、この睡眠のサイクルが乱れてしまっている人が多いんです。

 

これを改善するためには、ある神経物質が重要になってきます。

 

■トリプトファン(アミノ酸)を摂ってセロトニンを作る ⇒ メラトニンに変える

 

睡眠の質を高めるカギは『セトロニン』と『メラトニン』

セロトニンは日中に出るホルモンで、別名『幸せ物質』と呼ばれています。

 

このセロトニンは精神を安定させたり、意欲を湧かせたりと、ストレス社会にとても大事な役割を持っています。

 

そして、このセロトニンは夜になるとメラトニンという物質に変わります。

 

このメラトニンは、身体をリラックスさせる力を持っているので、昼間でいかにセロトニンが作れるかどうかがカギになります!

 

もしもメラトニンが十分に作られないと免疫機能が低下して肌荒れだけじゃなく病気の原因にもなります。

 

このセロトニン、増やす方法は3つあります。

 

■セロトニンに変化するトリプトファン含有の食品を摂る(豆乳やヨーグルト、チーズ、アーモンド、肉類、納豆など)
■日光を浴びてセロトニンの分泌を活性化させる(15分とか20分など適当な時間でOK)
■リズム運動でセロトニンを分泌・活性化させる(ウォーキング・踏み台昇り降り・水泳など一定のリズムのもの)

 

もしも最近寝不足気味だったり、起きるとスッキリしない…なんていう方はセロトニンの意識してみてはいかがでしょうか!